CHRISTIAN ACADEMY IN JAPAN
Christian
Academy
in Japan

Admission Eligibility Requirements

From Info

Jump to: navigation, search

入学資格

Academic records

All applicants are asked to send in:

  • School records for the current year plus the previous two years.
  • One (elementary school) or two (middle or high school) teacher recommendations.

Please see Application

Age/Readiness for Kindergarten and Grade 1

  • Children whose English skills are at grade level must be 5 (five) years old by September 1 of the current school year to enter kindergarten, and 6 (six) years old by September 1 of that year to enter first grade.
  • Children whose English skills are significantly below grade level must be 5 (five) years old by April 1 of the current school year to enter kindergarten, and 6 (six) years old by April 1 of the current year to enter first grade.
  • Age requirement may be waived for transfer students who have satisfactorily completed one semester in an English-speaking school.

Residence

All applicants to CAJ must reside with a parent or legal guardian or in a school-recognized alternative residence (host family or relative). Families are responsible for reporting to CAJ that the student is not residing with the parents. CAJ does not have a boarding program.

Language

  • CAJ uses the following English language proficiency criteria for admission:
    • Applicants for grades 9-12 should have grade-level English proficiency to be admitted.
    • Applicants for grades 6-8 should be within one grade level of English proficiency to be admitted.
    • Applicants for kindergarten - grade 5 should be within two grade levels of English proficiency to be admitted. Exception: applicants for kindergarten through grade 2 whose English proficiency is more than two grade levels below may possibly be admitted, depending on the overall composition of the class.
  • Students for whom English is an additional language and whose English proficiency is not at grade level may be assigned conditions of enrollment, such as working with a specialist and/or tutor during the school year and attending an approved summer school program. Students must demonstrate satisfactory progress toward reaching grade-level English proficiency. An annual review of student assessment results will be used to determine if the student will exit the English language program, continue in the program, or be asked to enroll in another school that can better meet the student's needs.
  • Families are required to be able to clearly communicate with the school and the teachers in English. For some families this means having a plan in place to translate English messages to and from the school. ESL students should have a designated authority figure who can speak and translate English well enough to do such things as discuss assignments with the student, read teacher notes, and hold conversations with teachers. Communicating with CAJ in English.
  • CAJ may deny for any of the following reasons the admission of applicants for whom English is an additional language and whose English proficiency is not at grade level: the teaching load of the staff, the class size and educational dynamics of the grade for which the student is applying, and the unavailability of an appropriately trained teacher.

Special needs

  • CAJ admits students with Individualized Education Plans (IEPs) for speech and language and/or for specific learning disabilities, and who, with limited services, are able to be successful in the regular classroom.
  • CAJ admits students with physical, emotional, or behavioral needs who, with limited services, are able to be successful in the regular classroom.
  • The applicant will be screened using, for example, the applicant's IEP, interviews, tests, transcripts, and references. Additional testing may be required.
  • CAJ may deny the admission of children with special needs for any of the following reasons: the lack of an appropriate program or curriculum, the lack of appropriate facilities and equipment, the teaching load of the staff, the class size and educational dynamics of the grade for which the student is applying, or the unavailability of an appropriately trained teacher.

Contact us: admissions@caj.or.jp or 042-471-0022 and ask for a member of the admissions team (in either Japanese or English)


入学資格

成績表

入学希望者は以下を提出してください:

  • 今年度の成績表と過去2年間の成績表
  • 先生の推薦状(キンダーガーテンを含む小学校は1通、中学、高校は2通)

願書は こちらをご覧下さい。

年齢/キンダーガーテンと小学1年に入学するためには

  • 英語力が学年相当の場合は、キンダーガーテン入学予定の年の9月1日までに5歳に達していること。小学1年の場合は、入学予定の年の9月1日までに6歳に達していること。
  • 英語力が学年相当の基準に著しく満たない場合は、キンダーガーテン入学予定の年の4月1日時点で5歳に達していること。小学1年の場合は、入学予定の年の4月1日時点で6歳に達していること。
  • 授業が英語で行われている学校で1学期間を優良な成績で終了させた生徒には以上の条件は該当しない場合があります。

住居に関する条件

CAJ への入学希望者は、保護者と一緒に住んでいるか、または学校が承認した場所(ホストファミリーまたはご親戚など)に住むことが条件です。保護者と一緒に住んでいない場合には、保護者の方が、必ず事前に学校まで連絡するようにしてください。CAJには寮はありません。

語学

  • CAJは入学に関して以下のような語学能力基準を設けています。
    • 9年生から12年生の入学希望者は、該当学年相当の英語の実力が必要です。
    • 6年生から8年生の入学希望者は、該当学年の英語の実力に対する遅れは、1学年以内であることとします。
    • キンダーガーテンから5年生までの入学希望者は、該当学年の英語の実力に対する遅れは、2学年以内であることとします。例外:キンダーガーテンから2年生の入学希望者に限り、該当学年の英語の実力に対する遅れが2学年以上でも、その年のクラスの状況によっては入学が可能な場合もあります。
  • 英語が母国語でない生徒そして英語の実力が該当学年に達していない生徒は、条件付きの入学となる場合があります。例としては、語学専門の先生に英語を習う、家庭教師をつける、学校が承認するサマースクールプログラムに参加する、などです。目標は該当学年相当の英語の実力ですが、その目標に向かって、十分な成果をあげていくことが生徒には期待されます。学年度に一度の評価の結果によって、EALプログラムを終了するか、継続するかの決定がされます。もしくは、生徒の必要をより良く満たすことのできる他校への転校を勧めることもあります。EALプログラムの受講には1回のみの料金が発生します。
  • 保護者と学校、教師とは明確に英語でコミュニケーションをとれることが必須となります。ご家庭によっては、学校とのやり取りを通訳・翻訳してくれる方をあらかじめ探していただく必要が生じるかもしれません。EALの生徒( 英語を母国語としない生徒)は、宿題を説明してくれたり、教師からのメモを訳してくれたり、先生と話をしてくれる通訳者が必要です。詳細は以下をご参照ください。CAJと保護者の英語でのコミュニケーション
  • CAJは、英語を母国語としない生徒の入学を以下に上げる理由でお断りすることがあります。
    • 英語が学年相当でなくCAJが定める基準に達していない、教職員の授業負担量が極端に増える、クラスの生徒数やその構成、または適切な訓練を受けた教師の人数の不足など。

特別支援

  • スピーチ、語学、またはその他の学習障害を持ち、個別教育計画指導(IEP)を必要とする生徒は、一般のクラスでCAJが支援できる範囲内で効果的に学習できると判断した場合に入学できます。
  • 身体的、精神的、また行動的に障害を持つ生徒は、一般のクラスでCAJが支援できる範囲内で効果的に学習できると判断した場合に入学できます。
  • 上記の入学希望者は、個人のIEP、面談、テスト、成績表、または推薦状などを用いてスクリーニングを行います。更なるテストを実施する場合もあります。
  • CAJでは、特別支援を必要とする入学希望者の入学を以下の理由をもってお断りする場合があります。CAJに適切なプログラムまたはカリキュラムが無い、適切な施設または備品が無い、職員の不足、入学希望生徒の学年のクラスの人数が多数または生徒一人一人の教育ニーズが大きい場合、または適切に訓練を受けた教師がいない場合など。

お問い合わせ:メールの場合はadmissions@caj.or.jpまで、お電話の場合は 042-471-0022までお願いいたします。日本語対応も可能です。



Apply to CAJ